奇跡の女の子産み分け術

一番最初の子が女の子で、

旦那が長男という事もあり次の子は男の子というプレッシャーが必然と周りからありました。 なので男女の産み分けが本当に出来るかは半信半疑ではありましたが、二人目を作る時に一度チャレンジしてみようと思いやってみました。 まずやった事は、毎日体温を朝晩計り排卵日を確認する事でした。排卵日前後が一番男の子が出来やすいそうです。あとは男女の身体の中をアルカリ性にしたら良いとあったので、旦那には魚や肉中心の食事を、私はサラダ中心の食事です。 その甲斐あってかは分かりませんが、無事に二人目は男の子を産む事ができました。

子どもは今二人いるのですが、

一人目が男の子でしたので、「次は女の子がいいな♪」と、思ったことが産み分をした理由ですね。それで実際におこなった子どもの産み分方法ですが、私は排卵検査薬を使ってタイミングをはかりました。「女の子でないのならば出来なくても良いかな」という勢い(実際には妊娠したらどちらでもカワイイわが子ですが)にて、排卵検査薬が反応してから1日を待って妊娠するかどうかギリギリのタイミングにて子作りしました。そして見事、女の子でした。

夫とは、

子供は元気に生まれてくれただけで有難い存在、男の子でも女の子でもどちらでもいいよねと話し合ってました。が、私の本音は、できれば女の子がいい!と思っていました。理由は、私は自分の母親ととても仲が良く、何でも話せる親友のような間柄なので、自分の子供ともそんな関係になりたかったのです。また妹に娘が二人いるのですが、この子たちがいつもかわいい洋服を着せてもらっていてまるで天使のようなのです。私も娘を産んで可愛い服を沢山着せたいと思いました。

女の子が2人続いたので

出来たら男の子がいいと思い、お金をかけずに自分達の工夫でできる産み分けに挑戦しました。絶対男の子でなければといったことでもなかったので、病院へかかるとかお金を出してサプリを買うとかいったことではなく、主人は肉食中心の食生活で、私は野菜中心の食事。食事は気休めと言いますが、少しでも希望があるならと実行して、基礎体温をつけて排卵日に狙いをつけて朝と夜2回しました。2か月目ですぐに妊娠したのですが、結果見事男の子が生まれました。産科のお医者さんには偶然と言われましたが、助産師さんは排卵日当日というのが良かったと言われました。

産み分けしたいと思った理由は、

第一子が女児で、主人は田舎の長男だったので祖父や祖母は跡取りを切に希望。子供は2人と決めていたので次は男児を産まなければというプレッシャーから、男女産み分けの本を購入して読み、その中で紹介されていた病院に問い合わせ資料を送ってもらいました。男児を生むには、排卵日当日に性交することが必要だと書いていたので、基礎体温を測り、自宅近くの産婦人科を受診し、超音波で排卵を確認してもらうという方法を試しました。

上の子はどちらでも良かったので、

特に気にすることもなく自然に任せました。 そして、産み分け 女の子を実践することなく無事女の子を出産しました。 私の周りは男の子を産んだママさんが多く、話を聞いてたり見ていたりしているうちに、私も次は男の子を育てて見たいと思うようになりました。 色々調べてみると、産み分け法がたくさんありました。 その中で自分が無理なくできそうな、毎日体温を測り排卵日を知って産み分けるのをやりました。 子作りをする半年前から毎日体温を測り、排卵日をつけました。 そして、排卵日ピッタリに子作りしました。 私の計算があっていたからか、見事無事男の子を産むことができました。

一姫二太郎が育てやすいと

母から聞いていたこともあって、どうしても第一子は女の子が欲しかったので産み分けを意識しました。私は食べ物に気をつけて産み分けに成功しました。肉や魚、卵を多く摂って体内を酸性に近づけられるように気をつけました。私はもともと野菜が嫌いなのでそんなに苦痛ではなかったです。逆に主人にはたくさん野菜を摂ってもらえるよう、食事のメニューも作りわけていました。今では娘とお揃いの洋服を着たりできるのがとても楽しいです。

第一子が女の子だったので、

第二子は産み分けして男の子がいいなと思い、挑戦してみました。 その理由は、一姫二太郎の方が育てやすいと聞いたからです。 試したのはまず基礎体温をしっかりと計る事です。 そこで判った排卵日に行為をしました。 そして祖母からは「肉抜きしたら男児が生まれる」と教えてもらったので、お肉を経ちました。 他にも安産祈願に行った際には「男の子が生まれますように」と願掛けをしたり、毎日「男の子が欲しい」と願いました。 するとそのお願いが通じたのか、無事に元気な男の子を授かりました。

私は子供のころに、

母親がなんでも面倒臭がっていましたので、母親のことが好きではありませんでした。母親は父親とケンカばかりしていましたので、12歳の時に離婚して家をでていってしまったのでした。私よりも兄のことを気にしていて、家をでていきました。 私は結婚しても、女の子が生まれたら嫌だなと思っていましたので、結婚して男の子が欲しいと思っていました。何かの本で見たのですが旦那に肉を食べさせると、男の子が生まれると知って、毎日旦那に肉料理を食べさせていました。

女系家族で、

自分も姉妹で育ったせいか、男の子を育てる自信が無かったのと、可愛い服を着せたり、一緒に買い物したり遊びに行けるし、男は結婚すると嫁の物になってしまうし離れていってしまうけど、女の子は必ず戻ってくるとみんな良く言うので女の子が欲しかったです。 排卵検査薬を何ヶ月も使い、自分の排卵周期を熟知し、男側がカフェインを取らない方が女の子が出来やすいと言うのて夫にカフェインレスにしてもらい、淡白な行為で浅くするといいと言うのでその通りにしてやりました。 結果、女の子を授かる事が出来ました。

男の子が2人続いたために、

どうしても女の子が欲しいという気持ちが大きくなったので産み分けをしてみようと思いました。もちろん必ず成功する方法は無いので、軽い気持ちでのチャレンジです。とにかく基礎体温をつけ、排卵日を知り、受精のタイミングで産み分けるという方法です。女の子が欲しかったので、排卵日の2~3日前がベストでした。が、その予測はとても曖昧でした。自分の基礎体温等のデータが半年程しか無かったので、全く自信はありませんでしたが、3人目は無事女の子が生まれました。基礎体温は朝起きて布団から起き上がる前に測るので面倒という事はありません。習慣で測っていれば産み分けのタイミングの参考になります。

主人の両親は

田舎の古い価値観の人たちなので、孫は男の子を希望しているのが分かりました。でも、男の子が生まれれば、あれやこれやと干渉してくるのが目に見えて分かっていたので、ひねくれ者の私は女の子が欲しいと思い、産み分けにチャレンジしてみました。 ただ、実際に行ったのは排卵検査薬による産み分けだけです。大きな薬局で7日分の排卵検査薬を購入し、基礎体温を付けて排卵日の数日前から検査薬で調べました。検査薬1箱目は反応が分かりづらくて失敗しましたが、2箱目は排卵日の2日前に反応が出たので、主人を誘って仲良しして、幸いにも女の子を授かることができました。

育てるのなら男の子がいいと思っていました。

自分が一人っ子で、ずっとお兄ちゃんが欲しいと思っていたからかもしれません。主人も一人っ子でしたので、実家から少し圧力のようなものも感じていました。 3年間子供ができなくて、少し苦労しましたが、真剣に子どもが欲しいなぁと思い始めていた頃に授かりました。男の子と女の子の産み分けは、男の子が欲しければ、なるべく間をあけてトライすると成功すると聞き、その通りにしてみたところ願いがかないました。

私が希望した性別は女の子でした。

なぜかというと、わたし自身が姉妹で育ったこと、親戚も全員女の子という環境だったこと、生まれたばかりの姪っ子が女の子で、とても可愛い服を着ていたことなどがあげられます。 私たちがそのために行ったことは、クリニックに行って、タイミングをみてもらうことです。排卵の日を特定してもらい、その日を避けてタイミングをとるようにしました。 結果妊娠し、女の子を授かることができました。

私は男の子出産を望んでおり、

現在妊娠中ですが先日期待通りの男の子であることが確認できました。実の父親をはじめ、家族のほぼ全員が男の子を望んでいたことから、私自身もみんなの期待に応えたいと思うようになり、少しプレッシャーも感じながら、日々、お腹に宿る命ができれば男の子であればと願うようになりました。 特に実の父が男の子を切望しているのをひしひしと感じていました。それは私が妊娠してからではなく、私が物心ついたころからずっとです。私の家は見事に女系の一家で、祖母・伯母・母・私・妹、と女に囲まれた家族構成で、父の肩身も狭かったのだろうと思います。私が生まれたとき、女だったので、「なんだ女か。」と非常にがっかりしていたそうです。そういうエピソードを子供ながらに聞いて何となく父に対する罪悪感のようなものを持ち続けていたせいか、父を喜ばせたいという気持ちがあって、男の子であればいいな、と雑誌で産み分けの情報を集めるようになりました。 主人の一家は男系で、やはり女の子より、一緒に野球ができてビシバシと遠慮なく接していける男の子が欲しかったようです。 産み分けの方法は主に「たまひよ」などの雑誌やネット、人づてで情報を集めました。だいたい成功確率や方法は何点かにまとまっていて、私は病院での施術がいらなくてストレスのかからない方法をとりました。無料の生理管理アプリをとっていたので、そこに示された排卵日当日にトライして、一回で成功しました。男の子は男性が禁欲した後、女性が排卵日当日というのが効果的なタイミングだそうです。 私の家が女系なので、それも少しは関係していると思うのですが女系のパワーを抑えて男の子になって良かったです。

特に産み分けを考えていなかったのですが、

両家の親達が男の子は一人欲しいと妊娠前から注文してきていて煩かったです。 一人目が女の子だったので、次は男の子を産んでもいいかなと考えて、産み分けの仕方をインターネットで検索をしました。 正しい情報化は分かりませんが、あるサイトに男子は排卵日に生まれやすいと書いてあったので、基礎体温をつけて排卵日を予測しました。 1回目で成功したので偶然かも知れませんが、排卵日を確認しながら病院にで指導してもらうと良いかもしれません。

一人目が男の子だったので、

女の子も育ててみたいと思ったのが理由です。 噂話程度ですが、Hで自分がイクのと射精がセットになると男の子が生まれやすいと聞いたことがありました。 確かに一人目の時は男の子だったことから、実は信憑性があるのではないか自分でも思っていたのですが、子持ちの友人とその話をしてみると、当てはまるという友人が多かったです。 主人に私がイク前に射精をしてもらって生まれた子は確かに女の子でした。 たまたまかもしれませんが、産み分けに成功したと自分では思っています。


義母が跡継ぎが欲しいようで、

どうしても男の子が欲しいと言われた。私自信、子供が好きでは無かったので子供は一人でいいと思っていたため、第一子で必ず男の子を授かりたいと思っていました。産み分けができるものかと半信半疑でしたが、一番体にも安全だろうという食事での産み分け方法を試してみました。私はアルカリ性食品を食べ、夫は酸性食品を食べさせてみました。それが良かったのかはわかりませんが、希望通り第一子は男の子が出産できました。


女の子が欲しかったからです。

一人目は男の子で、最初の子はどちらでも良かったのですが、二人目を考えた時に、やはり女の子も欲しいね、と言う話になり、インターネットで産み分け方法を検索しました。 女性の体、男性の体、それぞれこんな状態だと男の子。こんな状態だと女の子。…と言う程度の簡単な方法だったのですが、我が家は成功して女の子を授かることが出来ました。 排卵日から何日目で、男性が疲れていない時とかだったと思います。 本当に効果があるのかはわかりませんが、調べてみて、やってみる価値はあると思います。


上の子を妊娠していた時に、

夢か現実かわかりませんが、ふと目が覚めたとき、若い男の人が私の足元に乗っていて、一瞬目が合って消えました。その時、お腹の子は男の子で、将来の息子の姿だと思っていましたが、産まれたのは、女の子でした。娘は、本当に可愛いくて、毎日の成長が楽しみでした。当時、娘と同じ月齢のお友達は、男の子が多く、男の子のママさんは、皆、口をそろえて「男の子は、可愛い、小さな恋人」だと言っていました。私は、娘が可愛くてしょうがありませんでしたが、だんだん男の子も育てたくなりました。主人と相談し、次は男の子を産もうと二人で決め、ネットでいろいろと調べました。主人が言うには、排卵日のその日に行えば、男の子が産まれるというので、大量の排卵日チェッカーをアメリカから取り寄せました。(日本で買うより安いです)そして、毎日、排卵日をチェックし、当日行い、無事に男の子を産むことができました。主人は、この排卵チェッカーのおかげだと言いましたが、私は、最初から、私には男の子がやってくるような気がしていました。


上が男の子だったので、

同姓の兄弟を作ってあげたいと思い、産み分けに挑戦しました。 男の子の精子は寿命が短いけれど、動くスピードが早いという事を知りましたので、毎朝基礎体温を計り、排卵日チェッカーでチェックして、排卵日の直前に行為をいたしました。 精液が漏れないように終わった後はしばらく腰を高くして安静にしたり、排卵後はなるべく性交しないように心がけました。 おかげさまで可愛い男の子を見事妊娠いたしました。


最初の子供が女の子で、

おしゃべりが早くすぐに反抗期になってしまいました。周りのママ友からも、女子はお母さんの口真似で言い返してくるから、イライラするともよく聞いていました。本当にその通りで、素直で少しおバカさんな男の子も産んでみたいと思いました。男の子を妊娠したい時は、排卵日前後にタンパク質の多い食事をしたほうがいいと聞きました。特にお肉を取るといいと聞いたので、がっつりお肉をたくさん食べていました。そして、見事二人目は男の子が産まれました。


1歳(女)と4歳(男)の子供が居ます。

片側卵管閉塞の為、2人とも人工授精で授かった子です。2人目の時に産み分けの人工授精をしました。主人と女の子が欲しいと話しをしていたので、ダメもとで挑戦してみました。通常の人工授精と方法は同じですが、精子をパーコール法で洗浄して貰う時に産み分け処理します。費用は人工授精21000円+産み分け処理30000円でした。病院でも産み分けの確立は80%と聞いていたのですが、見事に成功しました。


産み分けをしたいと思ったキッカケは

上の子(女の子)の時に主人が男の子を凄く期待したからでした。 1人目だから…と性別を聞かなかったのですが主人は男の子だ!!と頑なに譲らず、名前も男の子の名前しか準備していませんでした。しかし、産まれたのは女の子でしたので2人目は絶対に男の子が良い!と、産み分け法を探しました。 具体的には基本の基礎体温法と、精子の量が増えると聞き、亜鉛のサプリメントを主人に飲んで貰い。さらに出来るだけ禁酒禁煙をしてもらいました。半年程頑張った結果妊娠。性別は念願の男の子でした!!主人は大喜びでした。上の子はとても可愛がってくれています。


産み分けしたい方はこちら

病院で産み分け指導を受けても男の子しか産めなかった私が二人も立て続けに女の子を産めるなんて・・・